FC2ブログ

タヒチで過ごす極上の休日

ボラボラ島の水上コテージで遊ぶ8日間
 
飛行機 2005.4.30~の旅


 絵を描く者として、一度は訪れて見たいゴーギャンの島タヒチを念願かなって訪れました。118もの島からなるタヒチのなかで、最も美しいと言われているボラボラ島です。日本から11時間のフライトそしてホテルのボートに乗り「ボラボラ・ラグーン・リゾート&スパ」の水上コテージに着きました。ブルーとグリーンに彩られた画家のパレットのようなボラボラのラグーンです。

 白い砂に覆われたビーチはエメラルド・グリーンのラグーンを縁取り、信じられないような色の魚たちが、コーラルガーデンを彩っている、

 サンゴ礁の端に建てられたロマンチックなパンダナスで葺いた屋根のバンガローが立ち並び、部屋のベランダから、そのまま世界で最も美しいラグーンに降り立ち、シュノーケリングマスクの数メイトル先では、サメが餌付されます。部屋に入るとガラス張りのテーブルがあり、部屋にいながら真下を泳ぐ魚が見られます。夜にはライトアップされ、輝く光の中を泳ぐ魚を見ることができます。

 吸い込まれるようなデイープ・ブルー・透明度の高い海で色とりどりの魚達に逢えるあこがれのダイビングに挑戦しました。深さ3~4mの海中で40分間・・・パンで餌付けをすると指に吸い付くように多くの魚が私を取り囲み、スダレチョウチョウウオなどの大群と夢の競演をしました。しかしダイビングは生まれて、初めて、ライセンスもありません。種を明かせば、ヘルメットダイブというもので、酸素の設置されたヘルメットをかぶって行うものです。なんだと思うでしょうが、結構、勇気が要りました。



熱帯魚 カヌーでブレックファースト


 水上バンガローのバルコニーまで、アウトリガーカヌーで朝食を届けてくれる他にない独特なものです。花を飾ったカヌーに乗ったポリネシアのスタッフが、日の出とともに新鮮な果物・焼き立てのパン・ジース・ワインまで届けてくれるのです。正面にオテマヌ山を仰ぎ、バルコニーで静かな波の音を聞き、遠くに浮かぶボートを眺めての朝食はまた格別でした。



img20060724.jpg




ハイビスカス 無人島でバーベキューランチ


 ラグーンをクルーズしてモツ(小島)へピクニックにいきました。沢山のエイに導かれてモツに向かいます。途中、海の中に背が立つところがあり、何人 もが、飛び込みました(勿論私も)・・・・・しかし、裸足で飛び込んだ方がウニを踏んでしまいウニの針が刺さり大変でした。モツに上陸して浅瀬にテーブルと椅子を並べて海の中でのバーベキューを楽しみました。食後海に潜り小魚の探索のやりすぎで後にダイビングがあるのを忘れて水中カメラを使いすぎて失敗しました。



「ラグーンよ、お前は芸術家の楽園にあると言われる七不思議の1つなのか?」



 ゴーギャンの色彩はすべて、ラグーンに飲み込まれ私の目ではあの鮮やかな色は、探すことはできませんでした。



img20060724_1.jpg

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

先生、ゴーギャンのタヒチへ私も行ってみたいです。コーラルガーデン、熱帯魚の様子、彩りの表現、さすが画家能勢先生ですね。今タヒチに居るようです。1週間前、私もスイスとドイツに行ってまいりましたが、優雅な先生の旅行とは雲泥の違いです。ダイビング挑戦なんてすごい勇気に脱帽です。お手紙ありがとうございました。お礼が遅れて恐縮です。暑さに負けないよう、お体を大切になさってください。ではまた、拝見させていただきます。

No title

ゴーギャンは太平洋の小島を大層気に入ったとか{ラブ}。でもゴーギャンの作品がタヒチにはなく{アウト}、タヒチのゴーギャンミュージアム{学校}にあるのはすべてレプリカというのは本当なのでしょうか?

ボラボラ島はハネムーン旅行のメッカ{ハート矢}ですよね!

No title

>マークン

おっしゃる通り、ゴーギャンミュージアムにある作品は全てレプリカです{怒り}

だからミュージアムには行きませんでした・・・。

本物は日本で見ました{ウインク}!

No title

>史江さん

ご覧になって頂いて有難うございます。

次回の日記を楽しみにお待ちください{ひまわり}
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR