スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルージュ(橋)と言う名の町 追記

 ブルージュの町は海に続く、航路なる川があったお陰で商業の中心地となりました。

そして12~13世紀には西ヨーロッパ第一の貿易港となりました。ところが15世紀になり、ブルージュと北海を結ぶ水路が沈泥のため、水量が低くなり、商船が出入り出来なくなってしまいました。そのためブルージュは商業都市としての機能を失ってしまいアントワープにとつて変わられてしまいました。しかし、そのお陰で、中世の景観をそのままにとどめ、芸術の中心となり、古い建物はヨーロッパでも数少ない芸術的価値を持つ遺産となりました。



ボートブルージュの運河クルーズ

brugge03.jpg


ノートルダム~聖ヨハネ病院本部だったところの現在病院付属礼拝堂、そしてその建物の一部を利用したメムリンク美術館~ベギン会修道院~愛の湖と運河を調節している門(このあたりは中世ブルージュの内港)・羽の無い白鳥~救世主大聖堂(ブルージュで最古の教会、12~13世紀のゴシック様式)~





家世界で一番小さいゴシック様式の見張り窓

brussel.jpg


16世紀、ホップで財をなした当時とてもリッチな人の館~菩提樹の木~ハト舎~15・16世紀に出来た橋~赤いレンガの家は救貧院の家~セントワルブルガ教会~イギリス領事館が使用していた白い建物(現在小学校)~ヤン・ヴァン・アイク像(18世紀、世界で最初の油絵を発見した人)~聖母子像(108体がブルージュにあります。教会まで行かなくてもいいように町のいたる所に設置したそうです。~セントアンナ(救貧院だったところ、現在福祉団体が管理している事務所)~ゲントにつながる水路~魚市場
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。