スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ・ベルギー紀行

飛行機 2007.4.24~5.2の旅


churip.jpg
 

 早めの連休をとり、オランダ・ベルギーの旅にでました。「まだオランダ・ベルギーに行ってなかったの」と何人の方々に言われたことでしょう。

アフリカ・モロッコ等に先に行ってしまったからでしょうか?

 今回アムステルダムの国立博物館でレンブラントが当時、世間に認められなかった絵画「夜警」と中世の景観をそのままにとどめ、ヨーロツパでも数少ない芸術的価値を持つ遺産である古い建物を存分に見られる「ブルージュ」を訪れる事が主な目的でした。



yakei.jpg


 4月24日(火)スカンジナビア航空SK984便にてコペンハーゲンへと向け11時間の旅がはじまりました。長い飛行機の旅は、仕事・介護・家事から追放されて本を読み・映画を見てゲームをし、食事は黙っていてもでてくるという私にとっては、最も贅沢な空間なのです。11時間たっぷりと空の旅を楽しみ、トランジットのコペンハーゲンに無事着きました。以前やはりトランジットで立ち寄った空港は大分様変わりしてましたが、懐かしく、アムステルダムに行くSK443(18:10)には時間があるので早速ビールを飲み店を見て周りました。コペンハーゲン店はさすが高額で、日本でもokと言うことでウィンドウショッピングのみ。空港内が何かざわめいているなとは思いましたが、私達の乗る飛行機のゲート番号はボードに表示されていたので、安心していましたが、ボードを見て各国に向かう飛行機便に次々とキャンセルの文字が躍ります。ゲートに向かい、暫くしてSK443便も全てスカンジナビア航空便はキヤンセルだとわかりました。空港は上を下への大騒動になり、航空券・ホテルの手配でごった返し、事務所は仕事の書類をそのままに、インターネットだけがつながれていて、電気が消えて人影もなく、搭乗券の窓口は長蛇の人々を尻目にシャッターを全て閉めてしまったそうです。私達の添乗員さんの懸命な努力により次の日の搭乗券はKLMでとっていただきました。 

ホテルも空港に近いところがとれたということで、空港の外でタクシーの長い列に並びやっとホテルにつきました。



家ホテル(FOX

fox.jpg


 タクシーを降りて10人全員が「えー」「日本で言うビジネスホテル」と

絶句しました。本当はアムステルダムのピューリッツアーホテルだったのですから。やっと10人だけ座れるロビーに全員腰を降ろし、長旅の疲れとスーツケースも出てこないために皆、寡黙になってしまいました。ホテルも突然の客とツアー客は始めてということで、手続きのながいこと大分待たされて、書類にサインをして、やっと部屋の鍵をもらいました。3階との事で、3人乗りのエレベーター(初めてです。扉が二重になっていて最後の扉がしまる時危うくはさまれそうになりました。3階につきました。短い廊下の何処にも404の部屋はありません。ロビーは2階なので、間違いありません。下に降りるとフロントの人がまたかと言う様に、向かい側の奥のエレベーターだというのです。

ドアーの上に良く見れば番号が記されていました。やっと部屋にたどりつきました。各部屋の扉に思い思いの絵がかいてありました。



door.jpg


 私の部屋のドアーを開けて、びっくりしました。部屋半分土間・半分に畳が敷き詰めてあり、布団が敷いてあります。窓には障子がはまっていて、電気には和紙で笠が作られていました。壁には動物や木や人が日本風に描かれています。正直「娼婦の館」と思いました。



room.jpg


 どう間違えたのか全員シングルで部屋がとれていたのですが、他の人の部屋も部屋全部がタイル張り・階段を上がってベットにたどり着く・大きな動物が二匹部屋一杯にかかれてあり大きな眼で一晩中にらまれていたり・ベットがテントでおおわれていたりと、個性ある部屋ばかりだったようです。次ぐ朝ドアーの横に、THE ARTISTと書かれていて、始めて事情がわかりました。THE JAPANESE ILLUSTRATOR SHINYA CHISATO CREATES LITTLE FUNTASY FAIRYTALE WORLDS WITH A MINIMAL PALETTE OF HARMONIOUS AND DISCRETE FORMS

日本人の札幌在住のイラストレイターの新矢千里さんのデザインだったのだとわかりました。ツアーではありえないので、少し喜んだのは、私だけ?ちなみに、このストライキを ”山猫ストライキ”と、いうそうです。

 若い方には、面白い経験ができるとおもいます。ちなみに朝食のサンドウイッチは美味でした。この日KLM1128便でアムステルダムへ。
スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。