スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスホテル

飛行機 2000年の旅


北極圏ドウントレツドと世界最大の氷のホテル2000年の旅のお話です。



「北欧の人は親切でNEED YOUR HELP」「あなたの助けが必要です」というと困っている人を決して無視できませんという旅行会社の言葉を信じて娘と二人の個人旅行にしました。

今2006年なのに2001年の話なんかといわないでください。海外旅行でよく各国の話を聞かれるのですが何年後も「氷のホテルに行きたい」という声が多いのです。それでこの旅を全部お話すると小冊子ができるぐらいになってしまいますので、今回は氷のホテルだけのお話をします。

sweden01.jpg


雪 ユッカスヤルビの氷のホテルのお話です。

当時このホテルは世界最大唯一の氷のホテルでした。ホテルの建物はもちろんベッド、バー、アートホール、ビデオシアター、結婚式場、バーのカクテルグラスも氷です。

       ホテルの外の温度  -9度

       ホテルの内の温度  -3度



庭には日本庭園が造られていました。まず部屋には氷のベッドが作られトナカイの毛皮をしいてありシュラフザックに包まって寝ます。入り口はカーテン「暖簾」かな?一枚ですが、時々見回りに着てくださったようです。グッスリ寝ていたのでわかりませんが。ベツトに入るのが一苦労まず靴を脱ぎベツトの毛皮の上に置き洋服を脱いでシュラフザックに洋服と自分を入れてチヤツクを締めて顔だけおをだします。

充分暖かいです。でも、朝まで寝た人は少なくみなコテージ「別料金」に逃げていたようです。一番残念なのはバーの氷のカウンターで氷のカクテルグラスでカクテルもビールも飲まなかったことです。なぜって夜中トイレに行くことが大変なのです。シュラフザックを抜け出して洋服を着てコートを着て、靴を履いて氷の道をトイレまでと、いうことになってしまうからです。でもご心配なくトイレは暖房です。

目覚めれば、アイスバーでホットドリンクのサービスがありました。このカップはさすがに氷ではありませんでした。

この地ではもうひとつ大きいプレセントがありました。

それは夜空一面の真っ赤なオーロラでした!

次回の旅日記をおたのしみに。





スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。